安心のネットワーク宇陀NOSAI 宇陀農業共済組合 〒633-0253 奈良県宇陀市榛原萩原元萩原760-4 TEL0745-82-1164 FAX0745-82-3595 Email  nosai_uda@cyber.ocn.ne.jp
事業概要
宇陀NOSAIの6つの事業

農作物共済家畜共済畑作物共済園芸施設共済建物共済農機具損害共済

畑作物共済
加入
白大豆・丹波黒大豆ごとに作付け面積が5アール以上の農家が加入できます。ただし全相殺方式では、ほぼ全量を農協等へ出荷されている農家に限られます。
※著しく粗放・放任な栽培耕地については加入いただけません。
対象となる災害
風水害・干害・冷害・雪害・その他気象上の原因による災害、火災・病虫害及び鳥獣害です。
(肥培管理の不良などによる減収は災害とは見なされず、分割評価されます)
すべての自然災害 鳥獣害 病虫害
責任期間
発芽期(移植をする場合にあっては移植期)から収穫期までの期間です。
なお収穫期とは、圃場から収穫物を搬出するまでで、通常の圃場の乾燥期間を含みます。
引受方式及び補償内容

一筆方式
耕地ごとに減収量が基準収穫量の3割を超えたときに共済金を支払います。
半相殺方式
農家ごとに被害耕地の減収量の合計が、耕地ごとの基準収穫量の合計の2割を超えたときに共済金を支払います。
全相殺方式
農家ごとの減収量が基準収穫量の1割を超えたときに共済金を支払います。

単位あたり共済金額の選択
県が指定した単位当りの共済金額の中から選択できるようになりました。
(平成26年度)
第1位 10,170円
第2位 9,150円
第3位 8,140円
第4位 7,120円
第5位 6,100円
共済金額

1キログラム当たりの価額に基準収穫量の7割(一筆方式)をかけたものです。
共済金額=1kg当たり単価×(基準収穫量×7割)
(半相殺方式は8割・全相殺方式は9割)

例 一筆方式の場合
1kg.当たり単価1,017円
10a当たり基準収穫量146kgの場合
103,734円=1,017円×(146kg×0.7)
共済掛金

掛金の55%を国が負担します。
農家負担共済掛金=共済金額×共済掛金率×45%
(共済掛金率は3年ごとに改定されます)

一筆方式
例
2,474円=103,734円×5.3%×45%
半相殺方式
例
2,410円=118,989円×4.5%×45%
全相殺方式
例
2,338円=133,227円×3.9%×45%

共済金の支払

支払共済金=1kg当たり単価×共済減収量

例
Aさんの被害状況が次のとおりとすると
耕地 a b c
基準収穫量 146kg 146kg 146kg
本年収穫量 50kg 70kg 200kg
減収量 96kg 76kg △54kg
一筆方式
 

共済減収量

支払共済金

=(146×0.7−50)kg+(146×0.7−70)kg+0kg
=52kg+32kg=84kg
=1,017円×84kg=85,428円。

半相殺方式
  共済減収量

支払共済金
=((146+146+146)×0.8)kg−(50+70+146)kg
=350kg−266kg=84kg
=1,017円×84kg=85,428円
全相殺方式 (出荷実績により算定されます)
  共済減収量

支払共済金
=438kg×0.9−320kg
=394kg−320kg=74kg
=1,017円×74kg=75,258円

農作物共済 家畜共済 畑作物共済 園芸施設共済 建物共済 農機具損害共済
農作物共済 家畜共済 畑作物共済 園芸施設共済 建物共済 農機具損害共済

損害防止事業

NOSAIの6つの事業

災害の少ないときは

「NOSAI」と「JA」の違い

NOSAI事業の流れ

△トップへもどる

▲ホーム
総代100人 損害評価会30名 損害評価員250人 組合長・理事10人 職員8人 監事3人 共済部長246人
宇陀NOSAIの紹介 NOSAIについて 事業概要 損害防止事業 リンク お問い合わせ